物の耐用年数

物の耐用年数

OCTOBER.20.2020

こんにちは

フューチャーアソシエイツ株式会社の新井です。

 

最近は、急に寒くなってきて身体の体調を維持するのが大変な時期になってきましたね。

 

今回は、物の耐用年数です。

 

耐用年数とは簡単にいうと

「その資産の使用可能期間」になります。

 

長期間にわたって使用する物は、固定資産として法律上とらえられます。

例えば、耐用年数が3年であれば3年で減価償却という処理をしていきます。

わかりやすくいうと年月が経つにつれて劣化 消耗などでその価値が会計上減っていく固定資産は、耐用年数にしたがって毎年一定額や一定の割合で資産価値を差し引いていく必要があります。

 

ポイントとして

あくまで耐用年数と減価償却会計上でのルールなので例えば売却するときの価値とはイコールにはないのです。

 

取得価額の資産でも、耐用年数が短ければ毎年の減価償却費は多くなりますし、耐用年数が長ければ毎年の減価償却費は少なくなるということになります。

 

様々な物に耐用年数というものがあります。

 

例えば

 

不動産

 

鉄筋コンクリート造(RC造)  耐用年数 47

重量鉄骨造           耐用年数 34

軽量鉄骨プレハブ造        耐用年数 27or19

木造                 耐用年数 22

 

上記の耐用年数は、耐用年数はあくまでも会計上でのお話になりますので例えば世界初のRC造集合住宅は、フランスのパリで1903年に完成した「フランクリン通りの集合住宅」とのことです。

 

きちんとしたメンテナンスをする事によって100年以上前に建てられた物件も綺麗な状態を維持することが出来て耐用年数が過ぎているのにも関わらず価値を下げる事なく維持されています。

なので耐用年数は、あくまでも会計上でのお話になります。

 

 

 

植物

 

桃の木 15

栗の木 25

柿の木 36

 

「桃栗三年柿八年」とことわざがありますが

種をまいて実がなるまで桃や栗は約3年、柿は約8年かかるっていう意味になります。

実は、桃 栗同時期くらいに実がなるのですが耐用年数では10年も違いがあるのです。

 

実がなるまで2~3年かかるパイナップルは、3年で減価償却されるので意外と節税ができるのかもしれないですね。

 

 

 

また、家畜も同じように

 

牛の平均寿命は1822歳 耐用年数 4

馬の平均寿命は2530歳 耐用年数 6

豚の平均寿命は915  耐用年数 3

 

意外なものシリーズですと

 

店頭のスタンド看板(移動できるもの)   3

袖看板(ビルの壁面に突き出すようなもの) 18年(金属造)

道路沿いに建つ野立て看板 塔屋看板    20年(金属造)

 

 

新車を購入した時の耐用年数は、普通自動車で6年、軽自動車で4年になります。

 

 

 

減価償却は、会社や個人事業主の決算をするうえで欠かせません。

 

特に、不動産投資と減価償却は切っても切れない関係にあるので鉄筋コンクリート造(RC)の減価償却のルールを知っている方は多いと思いますが植物や家畜の耐用年数を調べた事ある方は、少ないと思います。

 

興味がある方は、詳しく調べてみると面白いかも知れません。

コラム執筆者の紹介

CONTACT

FA、不動産に関することなど、
下記からお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

個人情報の取り扱いについて