第一印象について

第一印象について

FEBRUARY.17.2020

初めまして。一月に入社した新井友也です!

今回初めてコラムを担当します。

 

まずは、自己紹介をさせていただきます。

 

名前 新井友也

年齢 24

出身 新潟県

趣味 スケボー BMX(自転車)

自己PR 笑顔

 

 

テーマとしては、『第一印象』

 

人間関係を作る上で、第一印象はとても重要な事だと思います。

 

僕自身、前職では美容師を5年していまして

どんなお仕事にも下積みがあり

一人前に信頼し任せて頂けるようになる期間があると思います。

 

美容師の場合は、なりますがアシスタント期間があり

その期間は、営業中に

シャンプーや先輩方の仕事のお手伝いをしているのですが

 

一番大事なのが営業時間外の練習とどれだけ練習モデルさんを

呼べるかが重要になってきます。

 

モデルを呼ぶにあたり、地方から出てきた僕にとっては、毎日呼ぶほどの

知り合いは全く居なくて、どうするか

 

街中を歩いている人に声を掛けてお願いをするのですが、なかなか初対面の男性に

二つ返事で「いいよ」と言ってくれる人はほとんどいません。

 

 

 

簡単に説明すると急に知らない人から声かけてられて

「明日の夜予定空いてる?」と話しかけてる様なイメージです。

 

ほぼこれだけ聞いたらナンパですね…なのでナンパと間違われないように

最初の15秒くらいで自分が何者で、用件を説明して聞いてくれるベースを作ります。

 

 

ここが一番と言っていいほど重要になってきて、この時間を失敗するとびっくりするくらい無視されます…

 

 

声をかけるにあたりどういったことが出来るのか調べてみたのですが

 

 

人は、直感でどんな人物なのかを判断する際

 

メラビアンの法則

 

 

視覚(見た目)55%

聴覚(声 話し方)38

言葉(内容)7

 

この法則によれば、第一印象の判断要素として、人間は何を話すかよりも、外見や声

言語といった話の内容以外のもののほうを重視しやすいということが分かります。

 

 

なので、見た目(清潔感)、声(話し方)を気を付けて

挨拶すると「少し聞いてもいいかな」と思っていただきやすくなり、

次に繋がることが増えていきました。

 

 

様々な仕事でも

人と人が対面した際のイメージをよくすることで

よりチャンスが広がってくると思っています。

 

 

例えば、どんなにすばらしい人でも、第一印象でつまずくと、挽回できずにその人の良いところが伝わらず、悪い印象で終わってしまうということがあり得るので

これは非常にもったいないことだと思います。

そこで第一印象を意識することで、さまざまな人とより良い関係を作っていきます。

 

 

不動産の知識としては、先輩方には届かないので僕も追いつけるよう日々精進してお客様のご要望に全力でお答えできるように行動していきます。 

 

コラム執筆者の紹介

CONTACT

FA、不動産に関することなど、
下記からお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

個人情報の取り扱いについて