2018年を振り返って

2018年を振り返って

DECEMBER.28.2018

いよいよ今年も残す事あと数日となりました。

皆様、2018年はいかがでしたでしょうか。

 

毎年、1212日の『漢字の日』に京都の清水寺にて発表される今年の漢字は『災』でした。

思い返しましても本当に≪災い≫が多い年になってしまったと思います。

 

年明けより各所で大雪が降り、大きな混乱が生まれました。

雪になれていない東京では交通機関も乱れ、会社から帰れない方、何時間も車内に閉じ込められてしまった方も多くいらっしゃいました。

西日本を中心とした豪雨災害、さらに追い打ちを掛けるように猛暑や大型の台風が日本全国を襲いました。

また日本各所でも大きな震災が発生し被害をもたらしました。

 

この度の災害により被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

10月に記載させていただきました和田のコラムにも『保険の見直し』の内容が御座いましたが、皆様はご自身の不動産が万が一の被害に合われた際にどのくらいの保険料が支払われるのか把握されていらっしゃいますか?

お客様とお話しさせていただく中で、保険内容を確認せずに申し込んでしまったり、保険料を抑えるために地震保険に未加入となっている状態の方も多数いらっしゃいました。

この年末年始のお休み中に火災保険等の契約内容のご確認をしてみてはいかがでしょうか。

  

一方で、私の大好きなスポーツ界では明るいニュースも多くありました。

平昌五輪ではフィギュアスケートの羽生結弦選手や、『そだね~』『もぐもぐタイム』の流行語を生みだしたカーリング女子団体など日本勢が大健闘。

全国高校野球選手権(夏の甲子園)では優勝した大阪桐蔭高校を凌ぐ人気となり旋風を巻き起こした秋田県代表の金足農業高校。

他にもサッカーや駅伝、卓球、水泳、マラソン、テニス、ラグビー、ボクシングなど書ききれないほどのアスリートの方々が日本を湧きあがらせ、勇気づけてくれました。

 

 

 歌手の安室奈美恵さんが引退をされてしまったのも今年の大きなニュースです。

私が中学生の頃よりご活躍されていて、社会においても大きな影響を与えた安室さんが今後ステージに立つことはないと言うのは残念な気もしますが、今まで歌を通して元気をいただいた分、今後も安室奈美恵さんという一人の女性を応援していきたいと思います!

 

 

 

 今年もあと僅かとなりましたが、くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけください。

来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。

それではよいお年をお過ごしください。

コラム執筆者の紹介

川﨑 昌彦アセットマネジメント事業部 係長

幼少の頃より野球が大好きで、オジサンになるまでボールを拾っていました。
未だに上達していません。

プロフィール詳細を見る

関連するコラム記事

CONTACT

FA、不動産に関することなど、
下記からお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

個人情報の取り扱いについて